代表プロフィール

杉森 真哉(すぎもり しんや)

杉森真哉

相続不動産コンサルタント

■経歴
1972年生、埼玉県狭山市出身
埼玉県所沢北高校→日本大学地理学科卒業。

20歳の冬に母が42歳に胃ガンで急死。
弟2人のため、学生の傍ら食事、洗濯、掃除という生活に。
父は夜勤のある仕事だったため、
弟達の日常の食事、洗濯、掃除の面倒を見ざる得ない状況に。。。
日中は学生、朝晩は弟の面倒を見る生活に変わる。

激変した生活環境を前向きに変えようと
マクドナルドで早朝バイトを始める。
熱心な勤務の成果、1年後にはアルバイトマネージャーとして
店を任されるようになる。
接客に大変厳しい仕事だったが、時間管理や仕事・接客術については、
このときに体で学んだことが今でも人生の土台となっている。

また元来から子供好きだったことを活かして
埼玉県青少年相談員という公的児童ボランティアに登録する。
活動中は会長も務め、小学生を夏休みキャンプに引率したり、
子供会から呼ばれてレクリエーションを企画したり活動する。

卒業後は大手測量会社に入社し、17年間固定資産税を課税する役所職員のアウトソーシングで教育担当として活動。
10万件の土地の評価額を計算、5万本の路線価を査定、納税者からの相談やクレームなどにも行政側として対応した経験を持つ。

特に土地評価額や路線価の査定については、公平性が絶対条件となることから、明確かつ根拠が求められ、不動産に関わる様々な情報やリスクなどを診断してきた。
例えば、前面道路の幅員、道路の規格、駅までの距離、災害の危険性、地盤リスク、都市計画法や建築基準法などの法規制、土地の履歴など様々な情報から総合的に価格を検証し、行政側の土地評価額や路線価に対して説明責任に貢献してきた。

その職歴や人生経験を生かし、 専門分野の固定資産税専門コンサルタントとして活動する。
またお客様から相続・不動産の相談を受ける実務者に対して、「固定資産税対策」、「不動産実務」を始めとする講師活動も行っている。

相続コンサルティングに特化したチーム「虹相続」では、
相続税、固定資産税の還付サポートに特化した
「固定資産税専門コンサルタント」として活躍している。

■保有資格
2級FP技能士、AFP、J−REC公認不動産コンサルタント、相続アドバイザー、相続診断士
簿記2級、企業情報管理士、測量士、シンプルマッピングトレーナー、コアメンタルトレーナー

■講師実績(抜粋・順不同)
日本FP協会、JA農協、ユーキャン、日本エコシステム、相続アドバイザー協議会、東京アプレイザル、財産ドック、日本相続コンサルティング協会、ダイエックス、エフピーリンク、プロFPJapan、三光ソフラン、日本不動産コミュニティー、伊藤保険株式会社、鶴ヶ島市・わかば大学塾、埼玉県相続コンサルティングセンター、FPコミュニケーションズ、さくらそう資産活用研究会 他多数

■セミナーDVD
お客様相談で固定資産税の知識を使って信頼を得る方法
固定資産税を下げる方法

■出版
Q&A 固定資産税は見直せる(共著)(清文社)

Amazonでのご購入はこちら

『「相続」専門のプロだけが知っている 家族に感謝される相続 68 のポイント』(共著)(合同フォレスト社)


Amazonでのご購入はこちら

アマゾンで部門別第1位・2冠を達成しました。